CAMPiii公式SNS

CAMPiii公式アプリ

  • CAMPiii(キャンピー)公式iOSアプリ
  • CAMPiii(キャンピー)公式Androidアプリ
  • ソロ
  • フリーサイト

石油ストーブと薪ストの違いはお米とパンと感じた話

  • [北海道] 北海道

♠❽Hassy→❹♠

11月23日

2021年11月20日

  • 82
  • 0

このキャンプブログをシェアする


前回、
『今年も頼むぞ!』と石油ストーブと運命共同体を誓った私ですが


買っちゃった。。

何故かと話しますと、、

長くなるのでとりあえず火入れしといていっすかね


おk

んとね、事の始まりはそれこそ前回のキャンプが決め手でしたね

日が暮れると焚き火してても寒いは寒い。

けどまだ火を眺めていたい。切実に思う

お姉さんが街角でスカートが風に吹かれてフワッとなるくらい
眺めていたい。 切実に思う

so..
石油ストーブだと暖かいは暖かい、それで今までは満足していた

だけど、
やぱ火の揺らぎを眺めつつ酒や鍋をチビチビと

いきたく思えてきたんですよね〜

石油ストーブVS薪スト
コスト面や面倒さ、良き悪きや違い

肌で感じた事話しましょうか

まずはこれがナイと始まらないto night


煙突ガーーード!

これくらいならDIY出来るっしょ

なーんて余裕かましてたけど、
なかなか手強かったです 笑

網は柔らかかったらまずいよなぁ?🤔
そう思ってしっかりめの網を購入したのですが

丸める時やビスかますときとか
しんどかった〜😅
手がいてぇーいてぇー


悪戦苦闘の末!

なんだか歪だし。。笑

Back To The Futureのドクが被ってたやつを連想させる

ぶっちゃけ、もー買っちゃお😭
そんな事もよぎって心折れそうにもなったけど、

無事完了👏

ティモンディの『君ならできる!』

後半ずっと頭に流れてた

前戯を終えた後は(;//́Д/̀/)'`ァ'`ァ


iーーーーーーnッ(;//́Д/̀/)タハッ♡

もちろんテントinの話です✋

火入れの前戯を終え

一旦冷ましてからですね

ここで気づいた事!

薪ストは煙突の縦出し横出しあるけれど
縦出しだと中央付近の配置で、薪ストを皆で囲めますね

横出しだと端の方になるから
ソロや幕内を広く使いたい人向け

けど、
横出しだとエビ曲があるから、煙突を買い足せば自由度が
かなり広がりますね
横への延長、縦への延長が可能

冬キャンはソロメインなるし
とりあえずオレは1本買い足して高さ出して
燃焼とドラフト効果あげるかな?🤔

そんな事考えてるだけでもワクワク
てな感じです


外から見るとこんな感じ🍄ニョキ

バンテージ巻こうかな?思ったけど、
とりあえず手持ちのスパッタ巻いて様子見👀

焦げるか不安はあったけど、難なくクリア🙌

煙突自体にはバンテやスパッタは巻いてナッスィブル

ちなみに、
TC幕はある程度熱に耐えれるけど、
ZIPの方は耐久性はあまり無いので溶けやすいんです!
そこは気をつけてね👍


薪スト試運転なので今回は実家の裏庭ッス

良き景色でなくスイマメン😅

とりあえず全体はこんな感じ🍄ニョキ

この高さでも十分な燃焼

幕の穴あきは無くバッチリでした

でも強いて言うならあと1本垂直足したいな〜🤔


とまぁ、数時間すればもぉ寒すぎっすよ

外では雪がチラつくin北海道❄

とりあえずぬくぬくとお湯割り&熱燗でもいきましょか🍶(゚∀゚ ):∴プハーッ


あ、忘れてた

この薪ストはホンマ製作所のやつです

煙突横出しだからトップの部分が広々!

イメージではツーバーナーみたいな感じ

手前、奥側ともに蓋を外せれて直火可能

奥側の蓋はサイズごとに外せれるから
多用途ですね🔥

ので、キャンプ飯作るの好きな人はとても重宝できるかと👍

それと、
意外とここ重要

オレ的に『お〜👏』と思ったのが、
四足それぞれ高さを変えれるのです

綺麗に整地されている場所だと気付かないのですが、
今回は実家の裏庭

土なうえに凸凹な場所もチラホラ
そんな時でもそれぞれの足で高さ調整出来るってのは
意外と盲点で、嬉しい発見でしたね

さすが老舗のホンマ製作所
やるぅ〜ぅ!(´▽`σ)σ"


火の揺らぎがたまらんとです(*´д`*)ハァハァ

ん〜(* ´ ` *)ᐝ
まったりと過ごします🍶

Goodなnight🌙*゚

からのGoodなmorning❄


さすがに朝は寒ぃ❄
シュラフから出れねッス 笑

さて、
石油ストーブならポチッとするだけでいいのだけど
今回は薪スト

この寒い中大変だなー
思ってたんだけど意外や意外、

石油ストーブより少し手間はかかるけど

幕内の暖まり方は薪ストの方があっという間に暖まった感じ
しましたね〜✍️

これやりたかったやぁーつ😋


領域展開、、

熾火🤞🏻(―ω―)

どんなサツマイモでもホクホクになる術式です🍠


あまーーーいッッッ!!🤩

思わず井戸田になってしまいました

今回この小さいサイズで20分弱くらい

焦げ付きもほぼなくバッチリっすね

やってみたかった〜😁

やってみて気づく事ってあるよね


今回は薪ストーブを実際に使って
石油ストーブとどう違うのか?🤔

これがテーマでした

まず薪の量がどれくらいになるのか
これが心配でした
こればかりは個人差あるし、焚き出す時間にもよりけりだけど、
自分の使い方では夕方6時〜12時くらい、朝7時〜昼過ぎぐらい
これで広葉樹18キロあれば満足いけましたね

けどガッツリな雪中キャンプならまた違うのかな〜🤔ン-

針葉樹は焚き出す時くらいだからそんなに必要は無かったです

次に煙突ガード
総額2,000弱で作れたけど
DIY苦手な人は買った方が良きw
けっこー大変でした😅
ブサイクだけど、でも愛着は湧きます😁

次に暖かさ
これは薪をガシガシいれればもちろん石油ストーブより暑くなる
薪の量を考えながらとなるけどね
石油ストーブ使ってて思うのは、MAXの状態で焚いていて
程よく幕全体丁度いいか端の方に行くと少し寒いか
って感じだったんだけど、
薪ストは限界点がほぼないから、季節に応じて幅広く温度調整が出来るんだなと感じました

あとは設置について
これはね、もちろん石油ストーブw
だって置いてカチッとするだけだもんね

炊飯器で米炊くかメスティンで米炊くか
それくらい違う

でも、メスティンから炊いてる時の米の香り
少し付いているおコゲとかさ
なんかアジがあっていいじゃないっすか😌

煙突繋げてる時や、やっと火をつけれる瞬間とか
あのワクワク感はやってみて気付きました

イメージよりも、実際やってみてわかる事っていっぱいありますね


結局思ったのは

どちらもいい! 笑

ほんとどちらもいいとこあるんですよね

石油は取り回し、灯油というコスト面で圧勝です

薪ストは雰囲気や火の揺らぎで圧勝です

暖かさだけを求めるなら石油で十分かな

お米とパンのようにどちらも主となり、
甲乙付け難い
率直な感想です

料理によって、所謂、
その時のキャンプスタイルによって
替えようかなと思います😅

長々となり、結局どっちもかーーいッッ!!って感じで
自分でも綴りながら今思ってます 笑

読んでくださりありがとうございやした!

ではまた!✋
皆さんにも良きキャンプライフを🏕✨

コメントはまだありません

投稿したキャンパー

♠❽Hassy→❹♠

このキャンプブログをシェアする

CAMPiii(キャンピー) -キャンプ専用SNS キャンプのすべてがここに集まる- 無料登録する